読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20170414

BMSをダークスキンにした。

以前ドラムのゲームをプレイしてたこともあり、ダークフルの視認性の良さは大変理解していたが、たまにノーマルでプレイすると全く見えないということがあったので億劫になっていたが、毎作品で100クレもろくにプレイしないのだからもういいかとなった次第。

譜面ゲーはなんだかんだ全部ハードがつきそうだが(と言って卑弥呼は今日も最後で落ちた)、皿曲はやはり簡単な曲ですらC判定などという、皿の判定そのものがどこかあちらの世界に飛んで行っているのだ。現在の自分のレベルでは、灼熱、2以外はハードできそう、くらいなので、ここいらでハードしておこうと思って仕事帰りに皿曲を数クレジットプレイした。

肝心のBMSをダークにしてからの本家ノーマルの視認は、ドラムのゲームよりかは全然同じ様に見えたのでかなり安心した。

皿曲というか、皿を回す筋肉が殆ど付いてないので、REDをスパランで何度か回していた。灼熱を一度だけやってみたが、やはり6連地帯まで体力が全然足りていないので皿を回す体力を皿曲をプレイし続けて皿力を付けて行きたい。

20170412

easy

★21baby baby frenzy

★★1clockwork

高難易度は数曲しかプレイしてないが、順調。★12ゲンガオハードまでもう少し。最後の四小節までこれて、死んだ。中速地力譜面ばかりやっている。

20170411

モチベーションが全然ない癖に、ドッペルゲンガーとピースブレイカーの動画ばかり見ている…

飽きているなら辞めればいいが、これはこのゲームに飽きているのではなく、上達しない自分に飽きているのだ。

このままではいけないので、★20のfreq-1譜面でフォルダを作成した。全ハードを目指す。

f:id:jukiworld:20170413023311j:image

既に元スピードではイージー、クリアー、ハードしている曲もあるのでとりあえず一周イージーで回してノーマル、ハードと回して細かく分析して行きたい。これがクリアーできたら★21のfreq-2とfreq-1を、さらに★22のfreq-3,-2,-1、★23のfreq-4,-3,-2,-1と、大体★18,19程度のクリアーを重ねて行きたい。 

ただ、ドッペルゲンガーのfreq-3はイージーが余裕で出来ているので、-4も下げないでもいいかもしれない。

20170409

花粉症の薬を飲むと、ねむみと倦怠感が日常的にあるので、集中力を要するこういったゲームには適さない。

同時にスランプを感じているので少しばかり落ち込んでいるが、低難度のスパランを普段より少し早いハイスピで回している。

★3以下の中速の乱打地力譜面のスパランは★15-17程度の縦連譜面になるので、脱力を意識してプレイすると実際の高難易度曲の微縦連を安定的に押すことが期待できる。

ハイスピードは普段は350-360あたりでプレイしているが、375で低難度スパランをプレイ。本家十段を取る取らないあたりの時、準ランカーの友人にスランプを感じたら緑数字を10以上あげて確実に出来る曲を回せという、1番成果を感じたアドバイスによる。

20170407

やっと、100クレ超えた。100を超えたのは、このゲームを始めたエンプレス以来である。

段位は、十段十段にしてある。皆伝を取るメリットが全くわからない。4クレジットの無駄遣いである。10以下をスパランベチャ押し固定でプレイし始めると、いよいよこのゲームの面白さがわかり、ようやく一曲目より☆11がプレイ出来るようになった。☆11といえど、スパランだと、局所的に★15を超えてくるので、一発でハードを取れない曲もかなりある。スパランといえど、☆11を埋めようと思う日が来るとは思わなかった。☆12は、スパランだと現実的にイージーすら出来ない曲も多くあるので、スパランは☆11以下のみに絞り、スパランでハードクリアした曲のみスコアを狙ってもよいということにする。スパランカードを作っても、どうせやらないオチしか見えない。幸いにも新曲数曲しか☆11をプレイしていなかったので、スコア的には殆どノープレイであった。

20170405

新規easy

★★1

Le Specimen d'un Papillon (7標本)

Revenger [(^^)EXTRA]

unquenchable

 ▼20 

denebora

オバジョに本格的に参画することにした。全然やってなかったので、新規イージーや惜しかったものがポンポン出て嬉しいが、イージーを狙うことよりも地力を上げることを意識してプレイを重ねる。イージー粘着やハードはまだ一切狙わない。ゲンガオゾのBPM135-165までの譜面を踏襲してからのプレイだったので基本的に指は疲れている。明日はゲンガオゾ170にイージーを付けたい。同時押しとディレイも忘れずに。然し乍ら明日はプレイ出来そうにない。

スパラン段位2

昨日の続きをプレイしてきた

クラシック八段スパラン

まぁ、八段くらいならば、指が温まらないウチからプレイしても大丈夫だろうとタカをくくって選曲。

  • ムーンチャイルド

またお前か、今度はハイスピードを遅くしてしまって330くらいでプレイ、BPは40くらいで、100パー終了。ハードも狙えたと思う。

  • 雪月花

タタタントンが、そのまま縦連になりよる、良譜面。★22 cynicや、あめふりねこのような同時押しリズムゲーのいい練習曲になる。

  • one or eight

元譜面とあんまり変わらん

  • No13

これは、11だし簡単だろうと思いきや、BPMがかなり早く、相当難しい。補正に何度か入りつつも抜けた。イージーはつくだろうが、ハードはまだ無理だ。

  • 感想

八段と比べると、難しいようであるが、スパラン段位とするならば、足切り、癖リズム譜面、皿、全体難と、満遍なく構成されていて、良段位だと思う。

クラシック九段スパラン

  • トリコン

No13より密度が低くて、簡単。

  • オーロラ

No13より密度が低くて、簡単。

  • コンチェ

元譜面と殆ど変わらない

  • イノセントウォール

元譜面と殆ど変わらない

  • 感想

うーん、クレジットの損のような。

総論

これは、八段が難しいので、九段が空気というよりかは、スパラン段位でいうならば、逆にすべきだと思う。スパランでなくとも、逆にすべきだろうが、十段までで詰まってないのでよくわからん。

 

ついでにクラシック中伝スパランももう一度受けて見たが、クエルでやはりギリギリだったので、麺ですのはじめの方でやられてしまった。抜けるのには地力がもう少し必要ではある。その辺に居た万年十段が中伝の最後の曲がアルマゲストであるということを、ポロっと言ってしまったので、震えている。密度だけでいうならば麺ですの方が難しいだろうが、CNでということになると、予想もできない。タイピCNの練習と割り切るしかない。