読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スパラン段位2

昨日の続きをプレイしてきた

クラシック八段スパラン

まぁ、八段くらいならば、指が温まらないウチからプレイしても大丈夫だろうとタカをくくって選曲。

  • ムーンチャイルド

またお前か、今度はハイスピードを遅くしてしまって330くらいでプレイ、BPは40くらいで、100パー終了。ハードも狙えたと思う。

  • 雪月花

タタタントンが、そのまま縦連になりよる、良譜面。★22 cynicや、あめふりねこのような同時押しリズムゲーのいい練習曲になる。

  • one or eight

元譜面とあんまり変わらん

  • No13

これは、11だし簡単だろうと思いきや、BPMがかなり早く、相当難しい。補正に何度か入りつつも抜けた。イージーはつくだろうが、ハードはまだ無理だ。

  • 感想

八段と比べると、難しいようであるが、スパラン段位とするならば、足切り、癖リズム譜面、皿、全体難と、満遍なく構成されていて、良段位だと思う。

クラシック九段スパラン

  • トリコン

No13より密度が低くて、簡単。

  • オーロラ

No13より密度が低くて、簡単。

  • コンチェ

元譜面と殆ど変わらない

  • イノセントウォール

元譜面と殆ど変わらない

  • 感想

うーん、クレジットの損のような。

総論

これは、八段が難しいので、九段が空気というよりかは、スパラン段位でいうならば、逆にすべきだと思う。スパランでなくとも、逆にすべきだろうが、十段までで詰まってないのでよくわからん。

 

ついでにクラシック中伝スパランももう一度受けて見たが、クエルでやはりギリギリだったので、麺ですのはじめの方でやられてしまった。抜けるのには地力がもう少し必要ではある。その辺に居た万年十段が中伝の最後の曲がアルマゲストであるということを、ポロっと言ってしまったので、震えている。密度だけでいうならば麺ですの方が難しいだろうが、CNでということになると、予想もできない。タイピCNの練習と割り切るしかない。